【体験談】バルーンも陣痛促進剤も全く痛くなかった2人目出産時の話。

思いがけずバルーンと陣痛促進剤を使用することになった2人目の出産。

 

点滴しながらスマホで検索すると”バルーンや陣痛促進剤はめちゃくちゃ痛い!”と書かれてる。

 

怖くて仕方なかったけど、結局全然痛くありませんでした。その時の話を紹介したいと思います。



予定日2日前なのに陣痛が来ない

2人目妊娠中、周りから

 

「2人目は予定日より早く陣痛くるよ」

 

「陣痛きたかと思ったらあっという間だった」

 

と、口をそろえて言われるので、その覚悟でいました。

 

予定日の2週間くらい前から、そろそろかなー?なんて思っていたのに、まぁ、陣痛のこないこと!

 

規則正しい張りのようなものが朝方くるけど、しっかりとした陣痛に繋がらず。

 

診察に行っても、子宮口は開いていないし、赤ちゃんも下りてきていないとのこと。

お医者さん
お医者さん
シュガーさん、ちゃんと運動してる?
毎日2時間くらい歩いてるのに…涙
シュガー
シュガー
お医者さん
お医者さん
あと3日しても陣痛来なかったら、入院して計画分娩ね。
計画分娩ってなんや!なんか響きが怖いぞ!
シュガー
シュガー

計画分娩ってなんだ?

計画分娩の説明をされましたが、看護師さんの慌ただしい雰囲気に押されてしまい、”とにかく入院の準備をして病院に行く”ということしかわからず、帰ってからきちんと質問しておけばよかったと後悔。

 

スマホで調べてみると、バルーンを入れるだの促進剤を打つだのとなんとなく怖いワードがたくさん。

 

つまり、自然な陣痛を待つのではなくて、人工的に陣痛を起こして出産するということみたい。

 

できれば自然に産みたいと思い、とにかく上の息子が昼寝をしている間に階段の昇り降り。

 

それでもこない、陣痛。

 

規則正しく7分置きくらいにお腹が張っている気もするけど、とにかく痛くないし、気づいたら消えちゃう。

 

息子の出産時を思い出す。

 

もう出産やめる!とまで言った、辛かった陣痛。

 

こんなん陣痛じゃないなと涙目…

結局迎えた入院の日の朝

陣痛を起こすジンクス的なものを一通り試してみましたが、陣痛は来ず、計画分娩の日になってしまいました。

焼肉も食べたし、オロナミンCも飲んだし、カラオケも言ったよ
シュガー
シュガー

朝ごはんは軽めにと言われたので、シリアルを少しだけ食べました。

 

緊張であまり食欲もありません。

 

息子は保育園に預け、夫と受付で待っていると、担当の助産師さんがあいさつしてくれました。

助産師さん
助産師さん
おはようございます。よろしくお願いしますね。
めっちゃ優しそう。ちょっと安心…
シュガー
シュガー

パジャマに着替えて陣痛室へ。

 

3つ並びのベッドの真ん中で待っていると、分娩室に呼ばれました。

 

子宮口の開きをチェックされて、バルーンを入れると言われました。

 

痛いのは覚悟しているけど、でも怖い。怖いよーーー!

 

先生が無言で、気のせいか荒々しく処置。

 

なんか怒ってるん?悪いことしたん?私、ちゃんと頑張って運動したよ…と泣きたくなる。

 

何かが入っている気はするけど、全然痛くない。

 

痛くないんだけど、ずっと仰向けだから、お腹が重くて苦しい!!

 

く、苦しい!いつ終わるの!早く終われーー!
シュガー
シュガー

助産師さん
助産師さん
終わったよ!

 

バルーンは子宮口が開いてきたら自然に外れます。ちょっと気持ち悪いかもしれないけど我慢してね!

助産師さん
助産師さん
お手洗いに行くときは、バルーンを手前に倒してしてね!

 

トイレが近い私は、トイレに行けなくなったらどうしようと思っていたので、それを聞いて安堵しました。

 

でも、先生がとにかく怖くて、あの先生が分娩の担当なのかと思うと、憂鬱で仕方ありませんでした。

 

その時のメモが残っています。

思わず本音…

速攻でやってきた、陣痛促進剤の点滴

バルーン入れたし、とりあえず様子見なのかなー?

 

なんて思っていたら、助産師さんが点滴を持ってきました。

これはなんの点滴ですか?
シュガー
シュガー
助産師さん
助産師さん
陣痛促進剤だよー
え!もうなんですか?痛いんですか?
シュガー
シュガー
助産師さん
助産師さん
うーん、ちょっとずつ入れるからね、最初は大丈夫だよ
えーそれ、最初しか痛くないってことじゃーん。後からめっちゃ痛いってことじゃーん。
シュガー
シュガー

 

なんなら、今日はバルーンだけで終わると思っていたので、不意打ち感もあり、悲しい気持ちになりながら、スマホを取り出し、陣痛促進剤について調べまくる。

 

とにかく

 

”痛い”

 

”めちゃくちゃ痛い”

 

”それはもう痛いの極み”

 

しか書いてない…

 

 

もうだめだ…終わった…
シュガー
シュガー

 

 

打ってすぐに、なんとなくお腹が規則正しく張るようになってきました。

 

時間を測ると3分置き。

 

3分置き!?

 

30分ごとに陣痛促進剤の量を少しずつ増やされます。

 

それでも痛いというより、張っているという感覚のまま。

 

両隣で同じように計画分娩で、陣痛を待っている方たちの苦しそうな声がカーテン越しに聞こえてきました。

 

その声にもめちゃくちゃビビる。

 

他の陣痛室からは叫び声も聞こえる。

 

私ももうすぐそうなるんだ。

 

本当に怖い。

 

とにかく何度も助産師さんに、出そうな感じがあったらすぐ教えてと言われました。

 

経産婦は本当にすぐ赤ちゃん出てくるんですね。

私だけ取り残された

上の子の時は、辛い陣痛に10時間程耐えた後、やっといきんでいいと言われ、2,3回いきんだらすぐに生まれました。

 

そのときの痛みを覚えているので、強くならない定期的なお腹の張りに少し焦りを感じていました。

 

両隣のベッドの方はもう痛みから解放され、生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしているようでした。

 

心の中で

 

「おめでとうございます。お疲れ様です」

 

とつぶやきながら、取り残されてしまってどうしようと困惑していました。

 

ただ、子宮口は少しずつ開いているようで、いつの間にかバルーンも抜けたみたいでした。

 

上の子の出産時は、余裕がなさすぎて、陣痛がきているときの写真を撮れなかったのですが、今回は痛がっているときの写真を撮りたいと夫に話していました。

 

まだ本格的に痛くはなかったのですが、写真を何枚か夫に撮ってもらいました。

 

それを妹にLINEで送り付けて遊んでいました。

 

そのくらい痛くないんです。

 

このまま痛くならないんじゃないだろうか…

もう、立って歩いちゃう!

そういえば、私、ドーンと寝て待ってたけど、それが良くないのではないのでろうか…

 

助産師さん、ちょっと立っててもいいですか?
シュガー
シュガー
助産師さん
助産師さん
えっ…全然いいけど、辛くない?

 

私は、全然辛くなかったので、立ち上がって足踏みすることにしました。

 

赤ちゃーん早く下りておいで~なんて思いながら…

 

このまま今日は出産できないのでは?なんて不安を抱えていたら、助産師さんが先生に指示を受けたということで、陣痛促進剤の追加量を2倍に増やしだしました。

 

その頃から、なんとなく懐かしい痛みがやってきました。

 

あーこれこれ!とちょっと安心する私。

 

もっと強くなれー!と必死で足踏み。

 

何度も様子を見に来てくれる助産師さんに、ちょっと痛くなってきたことを伝えました。

 

助産師さん
助産師さん
そっか!じゃあ分娩室に移動してもう準備しちゃおう!
えっ…確かに痛いけど、この程度の痛みじゃいきめないよ…
シュガー
シュガー

 

どうしよう、困ったな…と思いながらも分娩室へ。

 

助産師さんが子宮口をチェックしたら、9センチ開いていたそう。

 

1人目の時なんて、子宮口7センチでのたうち回ってたのに…少しも痛くない。

 

少しずついきんでみようかと言われ、痛みに合わせていきんでみる。

 

するとまあまあ強い痛みになってきて(それでも上の子の陣痛に比べたらまだまだでしたが…)助産師さんが頭が見えたよと教えてくれました。

 

そして全開になったようなので、本格的にいきむことに。

 

それでもまだ痛みは弱い気がしましたが、産まないといけない雰囲気になってしまったので(!)いきみました。

 

3700g超えの娘誕生

3回くらいいきんだら、娘が出てきてくれました。

 

息子のときは出したい出したい!とずっと我慢していたので、自然にいきめたけど、今回は痛みが弱かったので、意識して力を入れました。

 

陣痛はあまり痛くなかったけど、いきんだ後の疲労感は今回の方が強かったかも…

助産師さん
助産師さん
わーー!大きい赤ちゃん!かわいい!
え、そんなに大きいんですか?
シュガー
シュガー
助産師さん
助産師さん
これはなかなか下りてこないはずだよ。37××gだよ!

 

うっそーーん!
シュガー
シュガー

エコーでは3000g前後と言われていた娘。

 

700gもサバ呼んでたみたいです。

 

それでも無事に出産が終わって、安心しました。

陣痛促進剤を打っても痛くない場合もある

もし、陣痛促進剤を打つことになって、私みたいに不安で不安で仕方ない方がたくさんいると思います。

 

安直なことは言えませんが、私のように、「陣痛促進剤=めっちゃ痛い」が当てはまらなかった人がいることも事実です。

 

私の経験が少しでも参考になると嬉しいなと思います。

↓参加中です




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク