2度目の乳腺炎。陣痛より辛い!と嘆いた理由とは…?

2度目の乳腺炎になりました。

「陣痛の方がまだましだ…」

と思わず旦那に言ってしまうほど、辛い3日間でした。



陣痛より辛く感じた乳腺炎の症状

1人目のときは乳腺炎になることがなかったので、自分とは無縁だろうとたかをくくっていましたが、2人目の出産後2ヶ月くらい経ったある日、乳腺炎になりました。

その時に似た痛みと張りが、微かにおっぱいにあることに気づいたのが、月曜日の朝。

1度目の乳腺炎の時に買ったハーブティ(↓)と葛根湯を慌てて飲んで、息子と娘を連れてお出かけしました。


AMOMA(アモーマ) ミルクスルーブレンド 2.0g×30ティーバッグ ■母乳詰まりサポートハーブティー・授乳中の飲み物やハーブティをお探しのママへ・無農薬・ノンカフェインのお茶

お昼ごはんを食べて、家に帰ると、なんだか寒気がすることに気づきます。

「はい、これ、きたー。乳腺炎だー」

と落胆。

正直、もうあの微かな痛みに気づいた時から、何をしてもこうなる運命だったのかもしれません。

ほんの1時間程度で、寒気がひどくなってきました。

厚着をして毛布を被っても寒くて、いつもは気持ちいい温度の木製の床が、氷のように冷たく感じて、足をつけていられません。

1度目の時も寒気がひどく、体を温めたいとお風呂に浸かりましたが、浸かるそばからお湯がぬるくなっていくように感じて、あごまでお湯に浸かって出られなくなっていました。

とにかく乳腺炎はこの寒気が辛い

そして続く高熱。

今回は39.7度まで上がりました。

このまま死ぬんじゃないかと思った程。

だんだん吐き気もしてきました。

悪阻の時を思い出して、

「3人目、欲しいなと思ったけど、悪阻辛かったなーやっぱり無理かなー」

なんてよくわからないことを思いながら、ボーっとソファーにもたれかかる。

おっぱいの張りも痛いけど、とにかく寒気・高熱・吐き気・頭痛が、辛い。

2人目の陣痛があまり辛く感じなかった私。

どっちが辛かったと言われれば、乳腺炎と即答します。

陣痛は思う存分痛みと向き合えるけど…

2人目の娘の出産時、上の子は保育園に行っていました。

夫に立ち会ってもらって、他のことを気にすることなく、陣痛と向き合っていられました。

なかなか陣痛が来ず、促進剤を打っての計画分娩だったので、どちらかというと、

「もっと陣痛強くなれ!早く産みたい!」

と痛くなるのを祈っているくらいでした。

しかし、今回の乳腺炎は、子ども2人を抱えて、痛みと闘うことになってしまいました(前回の乳腺炎は土曜日で、夫がいたため、セーフでした)

泣く娘。騒ぐ息子…

どうにか息子を黙らせようと、テレビを見せるも、録画を再生だけでも一苦労。

寒くて動けない。

朦朧としながら、何本か録画したアンパンマンを見せて、

「3時間くらい経ったかな?そろそろ夜ごはんの時間かな?」

と思って時計をみたら、まだ1時間も経っておらず、愕然としました。

1人になりたい。せめて1人で痛みと寒気と闘いたい。

ソファにもたれて、気を張ったまま寝ているような中途半端な状態で、やっと夜ごはんの時。

息子に何を食べさせたのかももう覚えていないですが(!)とにかく何かを食べさせて、今日はもうお風呂入れるの諦めて、とりあえずおむつ替えよう…と思ったけど、本当に体が動かない。

息子の時の陣痛は、長かったし初めてで辛かったけど、それでも陣痛の合間に動くことはできました。頑張って分娩台まで歩いたし…

乳腺炎は本当に動けない。体が動いちゃいけないって信号送ってるんだろう。

それなのに子どもの世話をしなくてはいけない。

地獄でした。

部屋もめちゃくちゃで、空き巣に入られたようでした。

これなら陣痛の時の方がましでした。

いつまで続くのかわからない辛さ

出産時、分娩台で

「いきんでいいよ」

と言われた時の解放感。かなりテンションが上がったのを覚えています。

陣痛の先には産む喜びが待っているから、きっと耐えられるんです。

乳腺炎はいつ終わるのかわからない辛さ。終わったところで何も生み出さない切なさ…

「もう、やだ…」

と弱音ばかり吐いてしまいました。

月曜日の午後に始まった症状は、火曜日の朝も治らず、夫に頼んで仕事を休んでもらってしまいました。

火曜日の11時に出産した病院で診てもらえることになったのですが、それまでの辛くて仕方ありませんでした。

病院から帰って処方された薬を飲むと少し熱が収まりました。

もうこれで大丈夫と思ったけど、恐らく無理やり熱を下げているからか、体がフラフラ。

水曜日、薬を飲んだけど、効果が切れてしまったのか、また寒気と熱がぶり返しました。

いつまで続くんだよ…と絶望します。

ただ、午後、薬を飲んでからは再度熱は上がりませんでした。

それでもまた熱が上がったら…と怖くて仕方ありませんでした。

木曜日の午前中に病院で再度診てもらい、おっぱいも楽になりました。

「これで辛いの終わりだよ」

と教えてもらえればいいのですが、いつまで続くのかわからないのが恐怖でした。

その分、陣痛は産んでしまえば終わるし、達成感もあるし、楽でした。

ひどい寄りの乳腺炎

息子と娘を出産した病院では、完全予約制で母乳マッサージをしてもらえます。

1度目の乳腺炎の時は、土曜日の午後だったため、診てもらえるところがなく、時間外外来で診てもらいました。

ただ専門医ではないので、熱を下げる薬を処方してもらう程度しかしてもらえませんでした(でもそれでも十分ありがたかったです

今回は2度母乳マッサージをしてもらったのですが、黄色い膿が出てきたのを見せてもらい、ちょっと衝撃でした。

マッサージは大きなニキビをつぶされているような痛みで、生唾を飲んでしまいましたが、これで楽になるんだと思うと耐えられました。

助産師さん曰く

ひどい寄りの方の乳腺炎。ひど過ぎるとまでは言わないけど…」

と微妙な説明を受けました。

私は乳腺が細く、詰まりやすいそうです。

1人目の時には乳腺炎にならなかったことを伝えたら、赤ちゃんとの相性もあるとのこと。

食欲がなかったので、おっぱいが出ないのが心配で、聞いてみたら、乳腺炎だけのことを考えれば、それはいいことで、ただ、病気と一緒なので、体力を奪われてしまうから、口当たりのいいものを少しずつ食べることを勧められました。

また、湯船には浸からず、シャワーで済ますこと。

保冷剤でおっぱいを冷やすよう言われました。

寒気がして保冷剤を触るのさえ嫌だったのですが、頑張って冷やしました…

でも、とても親身になって下さり、辛かったねと言ってくれただけで、本当に救われた気分でした。

今まで乳腺炎になったという話を何度も聞いてきましたが、どれだけ辛いかわからずにいましたが、今ならわかります。これは本当にきつい。

もう二度と乳腺炎になりたくないので、十分に気を付けたいと思います。

↓参加中です




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク