ジェットスターに抱っこひも(エルゴ)が機内で使用できない理由を問い合わせてみた

0歳と2歳の子どもたちと初めてジェェットスター(Jetstar) 搭乗してみましたが、抱っこひもが機内ではNGなのです。


下調べで知ってはいたものの、想像以上に過酷なフライトになりました。


なぜだめなのか、気になってしまい、ジェットスターのカスタマーサービスに問い合わせてみました。



子連れでLCCは下調べが重要!?

ふらっと旅行に行きたくなり、LCC(ローコストキャリア・格安航空会社のこと)を初めて利用してみることにしました。

 

 

ただでさえ子連れ飛行機旅行は不安でいっぱいですが、LCCとなると決まり事も多く、下調べを念入りにしました。

 

 

例えば、機内での飲食についてや、Wi-Fi環境、持ち込める子ども用おもちゃのことなど…

 

 

とにかく失敗のないように、他の方の搭乗記や公式HPを読み漁りました。

何!抱っこひもが使えない!?

そんな中、ジェットスターの公式HPで気になる文言を発見。

 

 

”ジェットスターでは安全上の理由により、抱っこひもなどのご使用を禁止させていただいております。” (ジェットスター公式HPより)

 

 

ナンだソレはー!?(2歳の息子の最近の口癖)

 

 

北海道の実家にANAで何度か帰省した際、抱っこひも(エルゴ)に何度助けられたことか!(※ANAも安定飛行中しか抱っこひもは使えません)

 

 

しかし、それが機内で使えないですと!

いざ搭乗!本当に抱っこひもは使えないのか

結局、ジェットスターの鹿児島行きを予約。

 

 

抱っこひもがなくてもどうにかなるんじゃない?
シュガー
シュガー
シュガー
シュガー
抱っこひものこと、規定には書かれているけど、実際はスルーされたりするのでは?

 

 

かなり甘い期待を抱き、抱っこひもに6ヶ月の娘をセットして、当日チェックインカウンターへ。

 

 

ちなみに乳児がいる場合は、ウェブチェックインが利用できません。

 

 

なぜなら、チェックインカウンターで年齢の証明できるものを提示しなくてはいけないから。

 

 

保険証忘れずに持っていきました。

 

 

ちなみに、ANAやJALの国内線は2歳の息子は運賃がかかりませんが、LCCは国内線でも2歳から座席が必要なため、運賃がかかります。

 

 

それでも便によっては、LCCの方が安く済みます。

 

 

しかし、カウンターでは特に抱っこひもについては触れられず…

 

 

搭乗ゲートでも抱っこひもをしていましたが、何も言われず…

 

 

シュガー
シュガー
いつまでしていていいのかな?

 

 

不安に思いながら飛行機に乗り込んだら、入口でCAの方が笑顔で一言。

 

 

CAさん
CAさん
このお子様用シートベルトをして下さいね。抱っこひもは外してくださーい!

 

 

キターーーーー!
シュガー
シュガー
オレンジがポップでおしゃれです!

子ども用シートベルトとは?

渡された謎の子ども用シートベルトと共に席に着くと、入口のCAとは別の方が声をかけてきた。

 

 

CAさん
CAさん
抱っこひもは外して上の荷物入れに入れてくださいね

 

 

 

子ども用シートベルトの使い方もよくわからなかったので、教えてもらいました。

 

 

3列シートの窓側が2歳の息子。真ん中が娘を抱っこした夫、通路側が私という並びになりました。

 

 

夫のシートベルトに縛り付けるような形で装着された子ども用シートベルト。

 

 

ナンだソレはー!?(2歳の息子の最近の口癖。2回目。)

 

 

肝心の写真を撮ったつもりが撮れていませんでした。

 

やってきたカオス

機内では比較的いい子にしていた息子。

 

 

娘は眠いようで少しグズグズ。

 

 

娘は抱っこひもに入れるとすぐに寝る子なので、ここで抱っこひもさえあれば、ストンと寝てくれるのに…!と悔しい気持ちになりました。

 

 

それでも私が娘の抱っこを替わり、授乳したり、揺らしたりして、どうにか寝かせたころ、着陸態勢に入るため、シートベルト着用のサインが点灯しました。

 

 

息子にもシートベルトを装着しようとしたところ、息子の機嫌が急降下!シートベルトを嫌がって大泣き。

 

 

どうにか機嫌を取り戻そうと、持ってきていた手当たり次第のおやつ・おもちゃ・ジュース・絵本を取り出すが、泣き止まず…

 

 

そして、息子をなだめる夫と、手助けしようとする私がバタバタしてしまい、娘も目を覚まし大泣き…

 

 

周りの皆様ご迷惑をおかけしました。

 

 

飛行機を降りるときに一言謝ったら、皆様笑顔を返してくれたので、それだけが救いでした。

帰りも同じことが起きるのではという恐怖

無事に飛行機を降りたものの、帰りも抱っこひもが使えない。

 

 

ということは、きっと同じことが起きるのかも…

 

 

と思うと少し気が重い…

 

 

抱っこひもが使えないことだけが原因ではないけど、抱っこひもが使えたら、少し楽になるのに…

 

 

そう思いながら、帰りの便に搭乗しました。

 

 

やはり、抱っこひもがないと、両手が使えず、息子の気を引くのも力不足になってしまいます。

 

 

特に娘が寝ていると、起こさないように気を使うため、夫と私それぞれが子ども1人を担当することになってしまいました。

ジェットスターに理由を問い合わせてみました

どうにか無事に帰宅した後、またジェットスターを使ってみたいけど、抱っこひもが使えないとなると、選択肢から外れてしまうなと思い、それも残念だと考え、思い切ってジェットスターに確認してしてみました。

 

 

ジェットスターはライブチャットでカスタマーセンターの方が質問に答えてくれます。

 

 

文章で会話することになります。

 

 

抱っこひもがなぜ使用できないのか、確認してみると

 

 

「ジェットスターでは安全上の理由により、抱っこひもの使用を禁止させていただいております。絡まってなどをしまったり防ぐためになるかと存じます」

 

 

との回答でした。

 

 

抱っこひもが使用できないのは、絡まってしまうのを防ぐためだそうです。

 

 

正直、何がどうなったら抱っこひもが絡まるのか。絡まるのは抱っこひも自体の問題のような気もするような…という気持ちでしたが、ルールはルールですもんね。

 

 

理由がわかってスッキリしたようなスッキリしていないような…

 

 

とりあえず、抱っこひもが使えないのは、想像以上に大変だったので、どうにかなるか!という私のような気持ちで行くと、後悔するかもしれません。

↓参加中です




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク